スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
ガーダ湖、そして待望のベローナオペラ
次の日はベローナの近くにあるガーダ湖という湖へ行きました。
最初は湖の周りを車で一周しようかとも話していたのですが、行くまでに渋滞などがあり、夜はベローナでオペラを見る予定になっていたので、ガーダ湖南端にあるシルミオーネと言うお城のあるところとその周辺だけへ行くとこにしました。

ガーダ湖はとってもきれいな湖で夏の避暑地として人気のある場所のようです。
ガーダ湖

シルミオーネというところにあるお城に入ってみました。急な階段を上って一番上まで行くと素晴らしい景色を見ることができます。
シルミオーネのお城から

ガーダ湖の城


このお城のすぐ横に湖に面したとっても素敵なレストランを見つけたのでそこでランチをしました。

まず、たこの前菜。たこ自体は美味しかったのですが、マッシュドポテトとの組み合わせはどうかな?とちょっと疑問でした。個人的にはもっと酸味のきいたドレッシングで食べたかったな。

たことマッシュポテト

私のメインはサフランのリゾット。これはとっても美味しかった。
サフランリゾット

旦那はトマトソースのペンネを食べていましたが、これが味が濃くってしかもトマトソースがとっても甘い。でも自然にトマトから出た甘みという感じで本当に美味しかった。本当にフルーツみたいなトマトの味でした。
トマトソースのペンネ

これがレストランからの風景。本当にきれいで気持ちよくって、ハンモックを吊ってこのままここで寝てしまいたいねという話をしていました。
シルミオーネのレストラン



シルミオーネの後はホテルで少し休んで、きれいな洋服に着替えてからベローナアリーナで行われるオペラに行きました。

オペラ会場は本当に大きくて古くて、感動でした。こんなに古い遺跡のような建物を今も実際に使ってオペラやコンサートを行っているなんて、信じられないほどの驚きです。
ベロナオベラ会場

私たちの後ろに座った老婦人はイギリスから娘さんとこのオペラを見るために来たと言っていました。ここでオペラを見るのが夢だったとのこと。誕生日祝いに娘さんが連れてきてくれたそうです。

オペラが始まるとそのキャストの多さにまた驚きました。こんなにたくさんの人が舞台の上で、それぞれの演技をしているのでいろんなところで色んなことが起こっているのです。きっと毎回見るたびに新しい発見があると思います。とにかく、本当の馬を使ったり、大掛かりなセットを使ったりと壮大なスケールの舞台でした。この日はカルメンでした。

ベロナオペラ

2幕目の途中で残念ながら雲行きが急変し、強い風が吹き始め、舞台のセットの一部が飛ばされてしまうほど風が強くなったので、オペラが一時中止になり、そうこうしているうちに雨が降ってきました。とりあえず中にはいってくださいという指示があり、その後は嵐のような雨。中で雨の音を聞きながらみんなで待っていること数十分。とうとうキャンセルのアナウンスがありました。とっても楽しみにしていたので残念でしたがしょうがない。後ろに座っていた老婦人のことを考えると胸が痛みました。

イタリア旅行はここでおしまい。最後の高台から見たベローナの風景は抜群にきれいでした。イタリアはまた絶対に行きたい国です。今度はカルボナーラを食べにローマにも行ってみたいな。ところでこの旅行中、姉はことごとく男子トイレと女子トイレを間違えていました。私も初めてドイツに行ったとき間違えて男子トイレに入ってしまいましたが、姉も同じ間違えをしていました。そして姉はイタリアでも間違えてました。まあ、一人用のトイレなので別に間違ってもどうってことないのですが、それも私にとっては旅のいい思い出です。笑わせてくれてありがとう。

高台からのベロナ風景


そんなこんなでイタリアの旅を終え、ミュンヘンへ帰ってきました。
ミュンヘンではちょっとだけ町を見て回りました。ミュンヘンの町の中に流れている小さな川でサーフィンをしている人がいるところがあるのでそこに姉を連れて行ったところとっても喜んでいました。きっとすごく上手くないとこんなに水流が荒く、狭いところでサーフィンをするのは大変だと思います。結構たくさんの人が見物をしていて、町の観光の一部となっているようです。
ミュンヘンのサーファー達

夜はもちろん友達を誘って最後のビアーガーデン。
大好きなフラムクーヘンとシュニッチェルを食べて楽しいときを過ごしました。
フラムクーヘン

ヴィーナーシュニッチェル

ビール

約2週間ちょっとのヨーロッパの旅でしたが、本当にたくさんのところへ行き、たくさんの人に会い、たくさんの物を食べました。幸いたくさん歩いたのであれだけ食べても太りませんでした。よかった。この旅行で色々な物を食べまた料理に対する意欲が湧きました。もっともっと美味しい物を作りたーいという思い出いっぱいになりました。

この旅行では本当に色んな人と時間を過ごすことができてよかったです。旦那の両親は私たちを暖かく迎えてくれ、一緒にたくさんの楽しい時間を過ごすことができました。また、旦那の友達も忙しい中時間を割いて私たちに会ってくれて本当に感謝しています。そして、普段日本に帰ってもそれぞれのスケジュールが合わず、それほど時間を一緒に過ごすことができない姉と今回の旅行でたくさんの時間を過ごすことができて本当によかったと思っています。兄弟や姉妹がいるということは素晴らしいことだなと再確認しました。

ところで、私は以前、自分を捜すために旅行をするということに対してちょっとした疑問を持っていました。旅行をしなくても自分は探せるのではないかなと常に思っていたからです。でも最近はその考えが変わってきました。

旅に出ていつもと違う場所に行くということは新しい自分を発見する際にとってもいい方法だと思い始めました。いつもの場所でいつもと同じことをしていると見えなかったことも自分を日常と違う状況に置いた際に新しい物が見えてくることもあると思います。その点で旅行とはたくさんの新しい人にあって、新しい物を経験して、見て、食べて、感じることのできる貴重な体験でしょう。

この旅行で見たもの、感じたもの、食べたもの、考えたことのすべては私という人間を構成するのに何らかの役に立っています。旅行とは気分転換をすると同時に自分を高める貴重な時間なのではないでしょうか? 自分では気づいていなくても旅行中に吸収したものはきっと人生の役に立っていると思います。

なんだか最後は固くなってしまいましたが、とにかくヨーロッパ旅行期は今日まで。明日からはまた私の日常ブログに戻ります。また色々作っていきますのでよろしくお願いします。

↓皆さんの応援のおかげ様でランキングがあがっていました!どうもありがとうございます。もしよろしければまたクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ


関連記事
Posted by マウジィ
comment:2   trackback:0
[旅行
comment
ミュンヘン懐かしいです。
あの英国庭園でサーフィンする人すごいですよね。でも、すごくきつい流れなのでよほど自信と体力のある人じゃないと怖いですよね。その橋から見て左側の方へ行くと日本庭園があって初めていったときになんで?と思いました。
とここまで書いてもう一度写真を見てみたら私が良く見ていたところより下流の方のようです。

大きなシュニッツェル!食べたのですね。私はあんなに大きなのは挑戦したことありませんよ。
でもテレビで作るのを見ていると、トントントントンと叩いて広げるんですよ。

素敵な旅行が出来たようでうれしいです。

P.S義母さんのプルーンチキン挑戦してみたいと思います。
2009/08/24 13:21 | URL | edit posted by Morango
moramgoさん
すごいですよね。サーファー達。横がコンクリに囲まれているので一歩間違えると頭を打ったりして危ないですよね。でも近くに海がないとああゆうところでやるしかないんでしょうね。ところで英国庭園って大きいですね。ビッックリしました。しかも羊の群れと羊飼いが英国庭園の中にいました。これって都会の中にある公園?と目を疑いました。驚くことがいっぱいです。
2009/08/25 06:53 | URL | edit posted by マウジィ
comment posting














 

trackback URL
http://mausikitchen.blog85.fc2.com/tb.php/57-40f538da
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。