スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
ビアーガーデン天国ミュンヘンそしてイタリアへ
さて、次はミュンヘン。ミュンヘンは旦那の出身地なので何度か行ったことがあるのですが、夏は特別きれいで楽しい場所だと思います。まずは早速ビアガーデンへ。私はこのビアガーデンが大好きです。別にビールが好きという訳ではないのですが、このビアガーデンの雰囲気が大好きなのです。

まずは明るいビアガーデンの様子。これは平日の夕方なのですが、既にたくさんの人が集まっています。
ビアガーデン

そして暗くなってもまたまたいい雰囲気(これは上の写真とはまた違うビアガーデンです)
夜のビアガーデン

ミュンヘンにはビアガーデンがたくさんあるらしく、夏はたくさんの人たちがビアガーデンを楽しみます。ビアガーデンのいいところは食べ物を持参してオッケーというところです。飲み物は買わなければいけないということですが、食べ物は自分の家から持ってきても大丈夫。皆さん家から色々持ってきて自分の好きな物をビールと一緒に味わっています。テーブルクロスを持ってきている方もおり、ピックニックのような気分です。こうゆうところドイツ人はお金をかけずに自然を楽しむのが上手だなと思います。

もちろんビアガーデンで食べ物も買えます。まずはビールから。
ドイツのビール

サイズがこのサイズしかないというビアガーデンも多く、かなりの量です。ビールとスプライトを半々に混ぜて飲んでいる人もいるということですが私はストレートでいただきました。

食べ物は色々売っています。ビールに欠かせないのがプレツェル。これがまたおいしい。外はかりかりで中は柔らか。NYで食べるプレツェルとはちょっと違います。これにチーズスプレッドをつけて食べるのが美味しいです。チーズスプレッドの名前は忘れました。すみません。後で旦那に聞いておきましょう。
pretzel.jpg

他にもチキンの丸焼きとか、魚の丸焼きなども売っています。もちろんソーセージも売っています。
グリルドチキン

ビアガーデンの魚

ビアガーデンの食べ物

チキンもジューシーでとっても美味しい。この食べ物が並んでる容器の前で何を食べようかと迷う時間がとっても幸せ。

皆さん、もし夏にミュンヘンに行く機会がありましたらぜひビアガーデンに行ってみてください。日本のビアガーデンと言えばデパートの屋上ですが、ドイツは本当にガーデンです。とっても気持ちいいですよ。

ミュンヘンには旦那の友達がたくさんいるので色々な人にあって楽しく数日を過ごしました。そのうちのひとカップルがブランチに呼んでくれました。
バイエルンの朝食

残念ながら写真には乗っていないのですが、バイエルン特有の白ソーセージを食べました。うちの旦那もこの白ソーセージが大好きでミュンヘンに来たときは必ずこれを1回食べないと去れないと言います。私もこのソーセージと甘いマスタードが大好きです。しかもお友達はバイエルン特有の民族衣装で私たちを出迎えてくれました。忙しい中時間を裂いてくれて本当に有り難く思います。

ミュンヘンでは日本の姉とも合流しました。日本はお休みを取るのは難しいので彼女はお盆に絡めて1週間私たちと一緒にイタリア旅行をするために日本から飛んできてくれました。

姉とも無事合流し、いざイタリアへ出発です。ミュンヘンからヴェネチアまでは車で高速に乗っていくと5時間ぐらい。でも行きはアルプスを通ってゆっくり途中で休憩しながらいきました。見てください。この山。ハイジが転がり込んできそうでしょ?
アルプス

アルプス1

山道をぐねぐねといくこと数時間。イタリアの国境を越え、まだアルプスの中ですがランチをいただきました。私がイタリアで最初に食べたのはカルボナーラ。
カルボナーラ

これがちょっといまいちで私としてはあれ?っという感じでした。期待しすぎたのでしょうか?イタリアのパスタって気絶しそうなくらい美味しいと思っていたのでちょっと不満。でもまあまだまだ先はあると気を入れ直してヴェネチアへ向かいます。

ヴェネチアのホテルは空港の近くにしたので、ディナーはその周辺で探しました。
空港の近くはあまり何もないので、ちょっと車で走って近くの町のようなところにいきました。ここのレストランが結構美味しくて私としてはとってもよかったのです。

私は手長エビのグリルを食べました。
エビの塩焼き

イタリアに行く前からこれは必ず食べたいものの一つに入っていたので早速オーダー。観光客のいるようなところではないので、周りのお客さんもローカルみたいなばかりでいい感じ。食べるところは少なかったけどこのエビ味は抜群。

旦那はオリーブのピッザを食べていました。
オリーブのピザ

姉はイカスミのパスタを食べたのですが、この写真がちょっと気持ち悪く映ってしまっているのでのせないことにしました。味はまあまま。いかが柔らか過ぎてちょっとびっくり。

次の日はガラス細工で有名な村のという島へ行きました。島中に水路があってボートがそこに住む人々の交通手段です。
ムラノ

とってもきれいで静かな島で、姉はガラス細工が好きなのでとても喜んでいました。
ここで食べたランチもまた美味しかった。

私はボンゴレ。
Vongole.jpg

姉はエビとルッコラのトマトソースパスタ。
エビとルッコラのパスタ

そして旦那はイカのフライ。
イカのフライ

すべて美味しかったけどイカのフライが微妙にいい感じで揚がっていて美味。

ボンゴレ完食。ごちそうさまでした。
ごちそうさま

ちなみに隣に座っていたイタリア人の家族は前菜のあとパスタ。その後肉肉しいメインを食べていた。さすがイタリア人。あっぱれ。

ムラノの後はヴェネチアの島へ行きました。ボートから見えるヴェネチアの町は時間が止まったかの様に違う時代の趣を見せていました。素敵ーとおもいながら島に着くとこれがまたすごい人。なんでこんなに人がいるの?というぐらいの人でびっくり。その様子はまた明日。
↓ぜひぜひ下のリンクをクリックして応援おねがいします!↓

人気ブログランキングへ





関連記事
Posted by マウジィ
comment:0   trackback:0
[旅行]  thema:海外旅行 - genre:旅行
comment
comment posting














 

trackback URL
http://mausikitchen.blog85.fc2.com/tb.php/54-256f816d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。