スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
アルゼンチンのエンパナダ
アルゼンチンのエンパナダ3

エンパナダは何度かお友達(ラテンアメリカ系の友達)と一緒に作った事がありますが、今回は一人で作ってみました。アルゼンチンのお友達と一緒に作ったときに冷凍の生地を使って作ったのですが、これを使うと生地を作らないでいいのでかなりの時間節約になります。

近所のスーパーにゴヤというラテン系のブランドがあるのですが、このゴヤが冷凍のエンパナダ生地を出していますのでこれを買いました。

小さいサイズの丸い生地を⒉パック買いました。一パックに12枚は入っているので全部で24枚です。多いけどたくさん作って冷凍しておけば食べたいときにすぐ出してオーブンで焼けば食べられますので冷凍する分も計算に入れて⒉パック買いました。(本当は息子の誕生日パーティーの時に作ろうと思って買ったのですが、パーティーには色々他の物を作っていたら疲れてしまったのでエンパナダは作りませんでした)

レシピは一緒に友達と作った時にことを思い出しながら(メモはとっていなかったので。。)適当に作ってみました。ので細かいレシピはありませんが、この料理は多分細かく分量などをはからないでも自分の好みで具の割合をあわせれば失敗という事はないと思います。

まず、玉葱をみじん切りにして、フライパンで炒め、そこに牛の挽肉を入れていため、塩胡椒をして、そこに緑のオリーブのみじん切りを入れて、パクチーのみじん切りも入れて、最後にゆで卵のみじん切りを入れて具はできあがり。

お友達は本当はオリーブひとつそしてゆで卵のかけらをひとつとひとつづつ入れるそうなのですが、その子もめんどくさいので混ぜちゃってると言っていたので私も混ぜてみました。混ぜた方が味が混ざっておいしい様な気がします。

エンパナダの皮を解凍したもので具を包んで、端のところをフォークで止めます。餃子みたいに手でとめてもいいのですが、私はエンパナダの場合フォークでやった方が簡単だったのでフォークを使っています。こんな感じにできあがります。
アルゼンチンのエンパナダ1

焼き上がりのつやを出す為に溶き卵を刷毛で塗っておきましょう。

オーブンで20分位焼いたらこんな感じ。
アルゼンチンのエンパナダ2

上手にできました。中身の写真を撮り忘れましたので、今度作った時はもっと途中の手順も写真にとってご紹介したいと思います。日本ではエンパナダの皮は簡単に見つからないと思いますが、自分で作ってもいいし(過去に友達と作った経験あり。その時の記事はこちら(小麦粉の生地)もしくは、こちら(トウモロコシの粉の生地)をどうぞ)

こんがり美味しく焼けました。半分は焼かずに冷凍しました。旦那はエンパナダ大好きなので美味しい美味しいとたくさん食べていました。息子はオリーブを吐き出しながらも一生懸命食べていました。

しかし夕食がこのエンパナダだけというのもどうなんでしょうか?せめてサラダぐらい付け合わせに作ればよかったなぁとちょっと反省。
アルゼンチンのエンパナダ3

ところでこのエンパナダは子供のおやつなどにもいいかもです。先日ママ友たちと子供たちをつれて室内公園みたいなところにランチ持参で行ったのですが、エンパナダを持って行きました。手で食べられるし、簡単でとてもよかったです。焼くのに20分位かかってしまうのでお腹を空かせて泣いている子供にすぐ食べさせてあげられるというわけにはいきませんが、おやつの時間が決まっているなら20分前にオーブンに入れれば美味しくって腹持ちのするおやつになります。

パイ生地みたいのでもきっと出来ると思います。ぜひお試しあれ。

お手数ですが、下記のバナーをクリックして応援お願いいたします。
人気ブログランキングへ



関連記事
Posted by マウジィ
comment:0   trackback:0
[ラテンアメリカの料理]  thema:晩ご飯 - genre:グルメ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://mausikitchen.blog85.fc2.com/tb.php/470-40a98f76
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。