スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
チキンのプロヴァンス風
チキンのブロヴァンス風1

昨日の夜は自分で言うのもなんですが、驚くほど美味しいものを作ってしまいました。CIA(Culinary Institute of America)という料理学校がアメリカにあるのですが、そこで1週間のブートキャンプなるものをやっているようで、それに参加した人が書いた料理本を読んでいたのですが、そこにブートキャンプの1日目はソテーについてのレッスンでこのチキンプロヴァンス風を作ったと書いてあり、そこにレシピも載っていました。

写真が美味しそうだったし、材料も特別なものがいらないので、ちょと作ってみようと思い、やってみました。これが大当たり。

私はいつも肉をオーバークックしてしまう傾向があるのですが、今回はパーフェクトな堅さ、そしてジューシー。しかもいつもは焼いてる途中で肉を切って中まで焼けてるかどうか確かめないといけないのですが、今回はなんとそれをすることもなく、シェフ達がしているように指の感覚に頼ってみました。これって本当に練習あるのみだと思います。何度も何度も練習して指で感覚を覚えるのが一番だと思います。私はまだまだなので、今回は運良く上手く行ったけど次回は生焼けかもしれません。

チキンのプロヴァンス風2


サイドにマッシュドポテトも作ったのですが、冷蔵庫に先日のチミチュリソースが残っていたので、チミチュリ味のマッシュドポテトを作ってみました。これもまた美味しかった。色もきれいだし。

実は料理の途中にやけどをしてしまいました。自分でも馬鹿だなとおもうのですが、チキンをソテーしたフライパンをオーブンに入れて仕上げて、それを手袋をつけてオーブンから出してコンロの上においたまではよかったのですが、チキンを取り出し、そのフライパンでソースを作ろうとしたとき、ハンドルも熱くなっているのを忘れ、素手で触ってしまったのです。掌の一部と指の一部をやけど。超いたかった。きょうはだいぶよくなりましたが、まだ赤い部分もあり、触ると痛いです。

でもやけどしても私としてはとってもうれしかったのです。なぜってこんなに美味しいチキンができたから。だんなもフォークとナイフを一度も置くことなく、一気に平らげていました。ほめられるとのびるタイプのわたし。いっぱいお褒めの言葉をちょうだいし、もっとがんばっていろんな美味しいものを作るぞ!という気になりました。

この本は日本のアマゾンでも買えるようです。下記のリンクからアマゾンで買えます。




↓ランキングがまた下がってしまいました。ぜひぜひ下のリンクをクリックして応援おねがいします!↓

人気ブログランキングへ
関連記事
Posted by マウジィ
comment:3   trackback:0
[フランス料理]  thema:☆我が家の晩御飯☆ - genre:グルメ
comment
おひさでしゅ
PCが繋がらなくって、ご無沙汰をしてしまいました。
その間に、マウジィさんったらまたとっても興味をそそるようなものを~っ!♪

ヤケドの具合はどう?
でも、それより何よりチキンがとっても美味しかったんだねん?
すっごく伝わってくるよぉ~ヾ(*´∀`*)ノ゛
食べたぁぁぁい。
チキンの焼き加減って難しい。。。気付くとパサパサになってる。。。
『手に勝るものは無い』って感じでしょうか?
ぃゃはゃ、本当に美味しそうでしゅ♡
2009/07/21 02:34 | URL | edit posted by 310子
Re: おひさでしゅ
310子さん、
お久しぶり!そうなのです。チキンの焼き加減は難しいのです。だって生焼けは避けたいし、といってもぱさぱさも避けたいし。練習あるのみでございます。一つ思ったのは皮付きを焼いた方が中がぱさぱさにならないのかも。いつも皮なしを買うんだけど、皮付きを買って、皮を食べなければいいのよね。

2009/07/21 06:29 | URL | edit posted by マウジィ

な~るほどφ(._.)
勉強になりましたぁ。
そっかぁ、皮付きで焼いて、食べる時はイヤなら外せばいいもんねえ。
って、美味しく焼けると皮も美味しそう♥(๑→ܫ←๑)♥
人生最大体重更新中→→→( ̄▼ ̄|||)

2009/07/22 21:57 | URL | edit posted by 310子
comment posting














 

trackback URL
http://mausikitchen.blog85.fc2.com/tb.php/41-bdc04bf6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。