スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
節分で食べた巻き寿司
巻き寿司1
もう既に1ヶ月近く経っていますが、節分を家でやりました。本当は恵方巻きという太巻き見たいのを食べる様ですが、何しろ材料もあまりないし、太巻きがちゃんと巻けるか不安だし、でも寿司が食べたいということでいつものカリフォルニアロールやカッパ巻きを作って食べました。

なかなか上手に巻けました。しかし巻き寿司を作るといつもとっても疲れてしまいます。やっぱり一番すきなのはカリフォルニアロール。家の近くにもいくつか寿司を出しているレストランがあるのですが、いまいちなんです。。。。以前住んでいたロングアイランドの家の近くはとっても美味しい寿司やさんがあって、しょっちゅういってたのですが、こちらに引っ越して来てから近くのレストランで寿司を食べようという気にはあまりなりません。

でもたまにどうしても食べてくなるんです。巻き寿司。

巻き寿司2

寿司の上にかかっているソースはスパイシーマヨネーズです。マヨネーズとタバスコを混ぜて作りました。

さて、節分の話しに戻りますが、日本にいったときに節分の豆と鬼のお面を買ってきましたので今年は節分をやろうと決めていました。息子には桃太郎の本を読んだりして鬼というものがどうゆう物かを事前に説明しておきました。そして節分のことも説明をして準備万端でその時を待ちました。

旦那に頼んで会社から帰って来たら鬼の面をかぶって家に入ってくる様にしました。

さて、鬼が来るまでは元気に豆を投げて退治するだのなんだのと言っていた息子ですが、いざ鬼が来たらちょっと怖がって私のそばを離れませんでした。豆を投げて、ちょっと笑っていたのですが、鬼が家を出て行ってからちょっと怖がり始めました。

『なんだかパパの靴はいてたみたいだけど〜』と言っていたのでばれたかな?と思いましたが、そのあと会社から帰って来たパパと鬼が家の前で鉢合わせをしてパパが鬼にやられてしまうと思ったらしく、パパが危ないと大泣きを始めました。数分して旦那が普通のかおをして家に入って来たのですが、パパが大丈夫だった安心感と鬼の恐怖感が入り交じって当分の間泣いていました。

泣き止んだ後もまた鬼が来る鬼が来るとしつこいのでこれはトラウマになってしまってはいけないと思い、鬼は本当はいなくってパパが鬼のふりをしていただけだよと何度も何度も教えてやっと落ち着きました。

せっかく楽しく節分をしようと思ったけどとんでもない結果になってしまいました。まあお寿司が美味しかったのでよしとしましょう。

まあ旦那もジャケットを裏返して裏地の真っ赤なのを着て、『ウえ〜』とか怖い声を出していたのでちょっと怖過ぎたかもしれません。その場でお面を外した方が良かったかな。

まあもううちには鬼は来ないでしょう。



ランキングに参加しています。下記のバナーをクリックしていただけると有り難いです。
ランキングバナー




スポンサーサイト
Posted by マウジィ
comment:0   trackback:0
[日本料理
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。