スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
ドイツと日本から両親訪問!
かなりお久しぶりですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私と言えば子供がもうすぐ2ヶ月になります。はやいものです。最初の頃は授乳にも慣れず、すべての事にかなり時間がかかってしまうので忙しく過ぎてゆきました。

ドイツから両親が2週間と日本から両親が2週間、助けに来てくれていましたのでこの1ヶ月は結構楽をさせていただきました。これから日中は一人になるのでちょっと心細いのですが、だんだんリズムもつかめてきたのでなんとかなると思います。一杯一杯になって疲れきってしまうときもありますが、息子が赤ちゃんのこの貴重な時期を思う存分楽しみたいと思います。最近は笑う事もすこしづつできてきて見ていて楽しいです。

ドイツの両親も日本の両親も本当に辛抱強く、たくさんの愛情で私たちの息子に接してくれるのを見て、私も嬉しくなりました。もっと近くに住んでいれば定期的に会わせてあげられるのにとちょっと申し訳ない気持ちになりましたが、それはしょうがないです。いまはスカイプなど便利な道具があるのでできるだけスカイプなどで両家の両親に孫を見せてあげたいです。

さて、両親の訪問中は毎日、ごはんを作ってもらって、掃除洗濯などもすべてしてもらっていましたので、私は息子の世話だけに専念できました。有り難い事です。

ドイツのお母さんが作ってくれたものを二つ紹介します。

まずはパーシニップのサラダ。パーシニップって日本語で何ていうのかわからないのですが,形的には白いニンジンみたいなものです。味はちょっと癖があるというか独特の味で嫌いな人もいるかもしれません。ドイツのお母さんはこれをキューブ状に切ってバターで炒めてサラダの上にのせていました。生だとちょっときついけど炒めるととっても美味しい!新しい発見です。これから私もパーシニップを使ってみようかなという気になりました。
パーシニップのサラダ


そしてもうひとつはサーモンのフェネル焼きです。フェネルを切って、レモンとオリーブオイル塩胡椒で下味をつけ、オーブンで焼きます。柔らかくなったらサーモンをのせて、ケーパーとパセリものせてさらにオーブンで焼きます。これはさっぱりしててとっても美味しかった。夏の暑い日にもさっぱりと食べられる様に思います.暑くなったら私も作ってみようっと。
サーモンのフェネルとケーパー焼き

これ以外にもスープをたくさん作って冷凍にしてくれたりと本当に助かりました。

ドイツの両親が帰った後に日本の両親が助けに来てくれました。

日本の両親も色々作ってくれました。久しぶりの実家の料理は懐かしくとっても美味しかったです。

忙しくて写真を取るのを忘れる事が多いので写真はあまりないのですが、父親が作ってくれた蕎麦。我が家ではなぜか麺類とステーキは父が作る事になっているのです。久しぶりに食べた父のおそばはとっても美味しかった。
お父さんのそば

母はシュークリームやストロベリーショートケーキも作ってくれました。シュークリームの写真は取り忘れちゃったけどショートケーキの写真はちゃんと取りました。両親が帰ってしまう前日の夜はお寿司とこのショートケーキを食べました。
イチゴのショートケーキ

この他にも餃子や春巻きをたくさん作って冷凍していってくれました。当分は冷凍されたもので過ごせそうです.ということでまた料理をしない日々がつづくので更新がないかも?

いや、最近やっと子育てにも少し余裕ができて来たのでできるだけ更新がんばりたいと思います!

人気ブログランキングへ←ひさびさの更新ですが、励みになるのでぜひ応援よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
Posted by マウジィ
comment:4   trackback:0
[旅行
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。