スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マウジィ
 
[スポンサー広告
エイコーンスクワッシュの肉ごはん詰め
Stuffed Squash 4

さてさて、NYに帰って参りましたが、寒い!!!!NYは寒い!!!寒いのが苦手なのでこの寒さはこたえます。最高気温がマイナス1度とかってどうゆうことでしょうか?私が日本にいる間はラッキーで東京は毎日晴れで最高気温が15度とか位でした。結構快適な温度でしたが東京も昨日あたりから寒くなって来ている様ですね。

実は時差ぼけで今日はなんと3時45分から起きています。今は朝の6時位ですが、雪が降ってきましたよ。今日も寒くなりそうですね。

さて、日本にいた間は美味しいものをたくさん食べて、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。鍋をしたり、たこ焼きを作ったり、とっても美味しかったです。

日本では毎日ごはんに納豆にお味噌汁にお魚という恵まれた朝食をとっていたので、こっちに帰っても朝の炊きたてごはんが食べたくなり、朝はやくからごはんを炊いておにぎりを食べたりしています。

今日は日本に行く前に作ったものをのせてみたいと思います。秋になるとたくさんのカボチャ類が出てくるのですが、今回使ったのはこのエイコーンスクワッシュという野菜です。

実は以前にもこんな感じのものを作った事があります。調べてみると2009年に作っていました。4年前か。早いな〜。そのときの記事はこちらをクリックしてね。

以前にも書きましたがこれは昔々、私がカリフォルニアに住んでいた頃、フランス人のお友達の家に遊びに行った時に、その友達が夜遅くなってお腹がすいたな〜といって夕食に食べたというこんな感じの料理の残りを食べていたのをちょっともらって食べたものを再現したく作りました。

こんな料理を食べた事がなかったので、『へ〜フランス人ってこうゆうのを食べるんだ〜』と感心した事を良く覚えています。とにかく私は記憶力は悪いですが、食べ物の事だけは本当に良く覚えています。その時食べたのは日本の様なカボチャで作ってあった様な気もしますが。。。近所のスーパーには日本のカボチャが売ってないので、エイコーンスクワッシュを使いました。

さあ、今回もまた適当に作りましたが、作り方はこんな感じです。

まず、野菜を炒めます。今回はニンジン、セロリ、玉葱などです。
Stuffed Squash 2

そして牛挽肉を入れてさらに炒めます。スパイスもたくさん入れました。ナツメグとかオールスパイスとかシナモンとか秋っぽいスパイスをたくさん入れたあります。これはお好みで。あと今回はレーズンも入れました。
肉に火が通ったら、既に炊いてあるごはんを入れてさらに炒めます。
Stuffed squash 3

エイコーンは上の方を切って、蓋みたいのを作って、中の種をくりぬきます。
Stuffed Squash 1

そして、エイコーンの中に黒砂糖と塩胡椒を入れて、オーブンで柔らかくなるまで焼きます。

柔らかくなったら取り出して、その中に肉ごはんを入れます。
Stuffed Squash 5

残ったごはんは周りに飾り付けて、蓋をして出来上がり。
Stuffed Squash 4


美味しかったですが、何しろごはんの量が多くって、かなり残ってしまいました。半分位の量でよかったかな。


見た目にもかわいい料理ですね。まあスパイスの量も含めて改良の余地ありって感じです。オールスパイスを入れすぎた感がありました。

ところであっと言う間にクリスマスまであと一週間ですね。何の用意もしていませんが、今週末は旦那と息子と一緒にクリスマスクッキーを作りたいなと思っています。あとせっかくだからロッカフェラセンターのクリスマスツリーも見に行きたいな。来週は旦那も休みに入るので家族でマンハッタンに行ったりしてクリスマス気分を味わいたいです。

旦那のクリスマスプレゼントまだ買ってない。。。どうしよう。。。。。日本で買ってくればよかった。困ったな。何かいい案があったら教えてください。(笑)


ランキングに参加しています。下記のバナーをクリックしていただけると有り難いです。
ランキングバナー








スポンサーサイト
Posted by マウジィ
comment:0   trackback:0
[ごはんもの]  thema:こんなの食べてみた - genre:グルメ
ジンジャーフライドライス(スパイスマーケット風)
ジンジャーフライドライス2

NYのレストランで大好きなレストランの一つにSpice Marketというレストランがあります。スパイスマーケットのサイトはこちらからどうぞ。このレストランは世界中にいくつものレストランをもつ有名シェフJean-Georges Vongerichtenという人のレストランです。彼はフランス人ですが、このレストランは東南アジアのフュージョンレストランで、内装などもアジアチックでとっても素敵なんです。

このレストランは何を食べてもとても美味しいのですが、その中でも私が大好きなのがGinger Fried Riceという一品です。シンプルだけどとっても美味しいのです。このレストランに行った時の記事はこちらをクリックしてください。



今回はこの大好きなジンジャーフライドライスを家で再現してみる事にしました。このレシピ欲しさに以前Jean-Georges Vongerichten さんのこの本を買いましたので、これを参考に作ってみました。

Asian Flavors of Jean-GeorgesAsian Flavors of Jean-Georges
(2007/10/23)
Jean-Georges Vongerichten

商品詳細を見る


家の冷蔵庫にレモングラスもあったのでこれも小さく切って入れてみました。やっぱり本物の様に美味しくは出来なかったけどちょっと近い物はできました。でもやっぱり本物の方が断然美味しい。また本物が食べたくなってしまいました。あの卵の上にのっている生姜とニンニクのカリカリのは家ではなかなか出来ない様な気がするのです。。。

まあ息子も旦那も美味しく食べてくれましたのでよしとしましょう。
ジンジャーフライドライス1


そしてこれだけ作ったら他の物を作る気力は亡くなったので夕食はこれだけ。。。

とにかくもしNYに来る機会があったらぜひスパイスマーケットにいって、このジンジャーフライドライスを食べてみてください。スパイスマーケットはチェルシーマーケットという色んな食べ物が売っているマーケットの近くにありますのでチェルシーマーケットでお土産などを買ってその後スパイスマーケットでお食事というのもいいと思います。

ここのカクテルもなかなか美味しかったですよ!


更新が少なかったのでランキングが急降下してました。また応援お願いします。
下記のバナーをクリックしてくださいね。
人気ブログランキングへ

Posted by マウジィ
comment:0   trackback:0
[ごはんもの
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。